ニュースリリース

エルザジャパン、視界全てを覆う没入型広視野角ドームスクリーン「Evis」を発表

本日、株式会社エルザ ジャパン(東京都港区、取締役執行役員社長:橋川 伸吾)は、1台のプロジェクターと特殊ミラー及び曲面補正ソフトを利用して、臨場感溢れる広視野な映像出力を実現する『Evis エルザドームスクリーン』を発表致します。

水平150度/垂直60度という広い視野角のスクリーンへプロジェクター1台から投影され、シンプルかつ柔軟なシステム構成で高い没入感を体験できる広視野角ドームスクリーンです。
製品の詳細につきましては、下記WEB製品ページをご参照ください。
また、2017年7月28日より、東京秋葉原の「パソコン工房 AKIBA STARTUP」にて、実物をご体験いただけます。


製品の詳細や価格につきましては、弊社営業までお問い合わせください。

 

Evis エルザドームスクリーンの製品詳細はこちら
パソコン工房 AKIBA STARTUPの公式ページはこちら

■株式会社 エルザ ジャパンについて
ドイツELSA AG社とテクノロジー・ジョイント株式会社(本社:大阪市淀川区宮原3-5-24 新大阪第一生命ビル)との合弁により1997年12月26日に設立。2002年07月、テクノロジー・ジョイント社の100%子会社となる。代表取締役社長は内藤 万義。
設立以来一貫してPC向けプロフェッショナル及びコンシューマ向けGPU搭載グラフィックスボードとその関連製品、ビジュアリゼーション関連製品の販売を手掛け、2017年12月に創立20周年を迎える。
近年ではGPUの卓越した計算能力を生かしたビッグデータ解析やAI、ブロックチェーンなどの分野で利用される機器にも注力している。

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。 発売日は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

  • Twitter 公式アカウント
  • Windows 10 対応ドライバは、こちら