ニュースリリース

12月5日(水)~7日(金)にかけて開催される「SIGGRAPH ASIA TOKYO 2018」へ出展致します。

株式会社エルザ ジャパンは、2018年12月5日(水)~7日(金)にかけて有楽町の東京国際フォーラムにて開催される、CGとインタラクティブ技術に関するカンファレンスと展示会である「SIGGRAPH ASIA TOKYO 2018」へ出展致します。

今回弊社では株式会社アスクとの共同ブースを構え、弊社コーナーでは以下の製品を展示致します。

出展予定製品

■いよいよ開発者向けモデルの販売を開始した、左右210度、上下130度というほぼ人間の目と同じ視野角を誇るStarVR社製の最新型VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)『StarVR One for Developers』
当日はご来場の皆様が実際にご体験頂けるコンテンツをご用意いたしております。

image_StarVR_release

※混雑時にはお待ち頂く場合もございます。予めご了承くださいませ。

 

■リアルタイムレイトレーシングを可能にする、最新のプロフェッショナル向けグラフィックスカード『NVIDIA Quadro RTXシリーズ』

アスク社のコーナーでは、Nozon社が開発するボリュメトリックVR向けの開発ツール「PresenZ」をStarVR One for Developersでご体験頂けるデモ、および「V-Ray Next for Maya」、「3ds Max」、「Rhinoceros」などを用いた開発環境を展示致します。

アスク社の告知ページはこちら

 

展示会名 第11回ACMシーグラフ、アジアにおけるコンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関するカンファレンスと展示会(SIGGRAPH Asia 2018 TOKYO)
会期 展示会:2018年12月5日(水)10:00~18:00
    2018年12月6日(木)10:00~18:00
    2018年12月7日(金)10:00~16:00
※カンファレンスは12月4日~7日まで開催
会場 東京国際フォーラム Hall E(地下2階)
※詳細はこちら
入場 展示会入場:当日券のみ、¥1,500
※カンファレンスに関する様々な種類のパスがあります。
参加登録はこちらから
主催 SIGGRAPH Asia 2018実行委員会
公式ページ https://sa2018.siggraph.org/jp

■株式会社 エルザ ジャパンについて
ドイツELSA AG社とテクノロジー・ジョイント株式会社(本社:大阪市淀川区宮原3-5-24 新大阪第一生命ビル)との合弁により1997年12月26日に設立。2002年07月、テクノロジー・ジョイント社の100%子会社となる。代表取締役社長は内藤 万義。
設立以来一貫してPC向けプロフェッショナル及びコンシューマ向けGPU搭載グラフィックスボードとその関連製品、ビジュアリゼーション関連製品の販売を手掛け、2017年12月に創立20周年を迎える。
近年ではGPUの卓越した計算能力を生かしたビッグデータ解析やAI、ブロックチェーンなどの分野で利用される機器にも注力している。

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。 発売日は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

  • Twitter 公式アカウント
  • Windows 10 対応ドライバは、こちら