ニュースリリース

エルザ ジャパン、Pico社との代理店契約締結およびPico Neo 2の販売開始を発表

株式会社 エルザ ジャパン(東京都港区、代表取締役社長:内藤 万義)は、一体型VRヘッドマウントディスプレイ(以下HMD)のトップランナーであるPico Technology Japan 株式会社(以下Pico、 代表取締役 周 宏偉、本社 中国・北京)との国内における正規代理店契約締結、および同社の最新モデルである4KワイヤレスHMD「Pico Neo 2」の国内向け販売開始を発表致します。



Pico Neo 2

 Pico Neo 2はプロセッサにクアルコム(Qualcomm)社のSnapdragon 845を搭載した、スタンドアローンで動作可能な4K HMDです。
このプロセッサを採用したことにより、Pico Neo 2はPCとの間を無線LANで接続してVRコンテンツの処理・レンダリングをPC側で行う新コンセプトの処理システムである『Boundless XR』ストリーミング技術を利用することが可能になりました。

 また電波障害が少なく高速な通信が可能な5GHz帯を利用するIEEE802.11ac 2×2 MIMOの採用でVR Ready準拠PC等からSteamVRに対応した4Kコンテンツをワイヤレスでストリーミングすることが出来ます。
 更に頭の動きに加えて体の上下左右、前後の動きを捉えることが可能な6DoF(6自由度)に対応しているので、VRゲームだけでなく細かな動きへの対応が必須となる業務用VRコンテンツもワイヤレスで利用することが可能です。

製品名   : Pico Neo 2
品番    : EHD-PVNEO2R
JAN    : 4524076127103
販売開始日 : 2020 年 4月上旬出荷開始予定
価格    : オープンプライス
製品ページ : http://www.elsa-jp.co.jp/?p=29149

製品特徴

・IEEE802.11ac準拠の5GHz帯WiFiを利用してVR Ready PCとワイヤレス接続
・6DoFポジショントラッキング
・6DoF磁気式コントローラーの採用で死角や遮へい物によるロストなし
・340gの軽量ボディで快適な装着感
・ダイヤル式で長さを調整できる頭頂部T字ベルトにより簡単に装着可能
・カウンターウェイトとしてバッテリーを後頭部側へ配置
・Picoストリーミングツールによる簡単な接続設定
・SteamVR(OpenVR)対応
・240Hzのレポートレートで高精度な位置検出が可能

1L0A1352-1s 1L0A1688-1s

■株式会社 エルザ ジャパンについて
ドイツELSA AG社とテクノロジー・ジョイント株式会社(本社:大阪市淀川区宮原3-5-24 新大阪第一生命ビル)との合弁により1997年12月26日に設立。2002年07月、テクノロジー・ジョイント社の100%子会社となる。代表取締役社長は内藤 万義。
設立以来一貫してPC向けプロフェッショナル及びコンシューマ向けGPU搭載グラフィックスボードとその関連製品、ビジュアリゼーション関連製品の販売を手掛け、2017年12月に創立20周年を迎えた。
近年ではGPUの卓越した計算能力を生かしたビッグデータ解析やAI、ブロックチェーンなどの分野で利用される機器にも注力している。

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。 発売日は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

  • Twitter 公式アカウント
  • Windows 10 対応ドライバは、こちら