ニュースリリース

RTXサーバーの事前検証プログラム 『RTX Server Test Drive』の提供を開始します

株式会社 エルザ ジャパン(本社:東京都港区)は、NVIDIA RTXサーバーを導入前に試すことが可能な無料の検証プログラム『RTX Server Test Drive』の提供を開始します。

NVIDIA RTXサーバーは、CPUベースのサーバーソリューションよりもはるかに高速なGPUパフォーマンスを通じてデータセンターで高性能のビジュアルコンピューティング機能を提供するために作成された、非常に柔軟なリファレンスデザインです。
強力な仮想ワークステーションとして構成できる機能を備えたNVIDIA RTXサーバーは、レンダリング、CAE /シミュレーション、コラボレーションデザイン(OMNIVERSE)、および5G回線を利用したAR / VR開発を含む複数の高度なワークロードを加速する様々な方法で解決できます。

しかしその一方で、このソリューションが自社に有益であるかどうかを判断するにあたってコスト面やリモートアクセス環境の構築など気軽に試すことが出来ないという問題がありました。

そこでエルザ ジャパンでは、リモートアクセス環境を提供するTeradici社(本社:カナダ)のPCoIPリモートアクセスソリューションTeradici Cloud Access Softwareによる仮想デスクトップを提供し、レンダリング、CAEなどをテストするために使用できるRTXサーバー環境を用意致しました。

今回弊社にてご提供させて頂く構成の概要は以下の通りです。


概要

・RTX Server Test Drive プログラム:本日6月16日(火)より利用者の募集を開始
・本プログラム申し込み特設サイト:http://www.elsa-jp.co.jp/rtx-server-test-drive-application
・RTX Server製品ページ:http://www.elsa-jp.co.jp/?p=28787
・Teradici Cloud Access Software:http://www.elsa-jp.co.jp/?p=19138


接続イメージ

 RTX_Server_TD-01


サーバー環境

 RTX_Server_TD-02


クライアント環境

 


 リモートワークを含め「新しい働き方」が改めて求められている今、エルザ ジャパンではそれらのご要望に応える新しいインフラと従来からある働き方をスムーズに結びつける様々なソリューションをご用意しております。

 CADやCG、ポストプロダクションなど、従来はリモートワークが難しいとされているワークステーションベースのお客様に関して、これを機会にTeradici社のPCoIPテクノロジーによるリモートアクセスとRTX Serverによるパワフルな計算能力を体験してみてはいかがでしょうか?

■株式会社 エルザ ジャパンについて
ドイツELSA AG社とテクノロジー・ジョイント株式会社(本社:大阪市淀川区宮原3-5-24 新大阪第一生命ビル)との合弁により1997年12月26日に設立。2002年07月、テクノロジー・ジョイント社の100%子会社となる。代表取締役社長は内藤 万義。
設立以来一貫してPC向けプロフェッショナル及びコンシューマ向けGPU搭載グラフィックスボードとその関連製品、ビジュアリゼーション関連製品の販売を手掛け、2017年12月に創立20周年を迎えた。
近年ではGPUの卓越した計算能力を生かしたビッグデータ解析やAI、ブロックチェーンなどの分野で利用される機器にも注力している。

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。 発売日は変動する場合があります。あらかじめご了承ください。

  • Twitter 公式アカウント
  • Windows 10 対応ドライバは、こちら