Varjo VR-2

「人の目レベル」の超高解像度を持つHMDが、いよいよSteamVRに対応。

  • VR-2_1200x1200_side_t
  • VR-2_1200x1200_3quater_2_t
VR-2_1200x1200_3quater_3

製品概要

VR-2 : SteamVR/OpenVRも利用可能になった超高解像度HMD

世界でもVarjo(ヴァルヨ)社だけが製品化している(2019年8月、Varjo社調べ)人の目と同等の解像度を持つHMDが、いよいよSteamVR/OpenVRに対応しました。
SteamVRアプリケーションを含む優れたソフトウェアサポートが提供されるVR-2を使用することで、 Varjo社製品のみが提供可能なピクセル単位の完璧な明瞭さで3Dモデルの探索と作成、現実的な環境でのトレーニング、無限の研究シナリオの作成が可能です。

VR-2は、VR-1の性能・機能をベースにしたネイティブモード(最大60ppd)に加えSteamVRコンテンツおよびOpenVR開発プラットフォームを超高解像度(最大40 ppd /片目毎4Kレンダリング時)でサポートする世界初のHMDです。プロフェショナルなソフトウェアツールとの完全な互換性により、VR-2は、これまでにないVisual Fidelity(視覚的な再現性の忠実度)を提供することで、プロフェショナルのワークフローを大幅に強化します。

SteamVRとOpenVRのための解像度革命

改良されたディスプレイと色の一貫性により、VR-2の次世代Bionic Displayは高解像度の3Dモデルとシミュレーションを探索するための最も自然な視覚体験とピクセルレベルの明瞭さを提供します。

Vive_Pro_vs_VR-2_-2_Pro_Resolution

あなたの前に広がる視界、それは現実にあるものなのか

市場に出回っている従来のVRデバイスの解像度は、平均的な人間の目が捉えるもののごく一部に過ぎません。解像度が不十分な場合、超高精度や視覚忠実度を必要とする分野でプロフェッショナルがVRを使用して作業することは不可能でした。VR-2に搭載された周辺視野と色の一貫性が改善された新しいBionic Display™は、視力1.0に相当する視野角1度あたり60ピクセルというこれまでにない高い解像度を提供します。(VarjoネイティブSDK使用時)

Bionic Display™の搭載により、CAD、レンダリング、シミュレーションがVRの中でかつて見たことのない鮮明さで生き生きと現れます。すべてのディテール、テクスチャ、輪郭、色は、現実の世界と同じように明確で鮮明に表現され、微細なテキスト文字情報や遠くにあるオブジェクトの視認や判別が可能になります。また、リアルタイムの照明が現実の世界と同じように表示されます。

複雑なトレーニング・シミュレーションや建築モデル、3Dデザイン等、いずれの用途においても、すべて現実に存在するかのようにくっきりと表示されます。

quote-simulation-training

強化された20/20 Eye Tracker™

20/20 Eye Tracker™により、専門家は、研究、分析、トレーニングとシミュレーション、工業デザインなどで使用するための正確な目データにアクセスできます。

さらに高速で正確なキャリブレーション性能を備えたVarjoの20/20 Eye Tracker™は、VRヘッドセットに統合された最も先進的かつ強力なステレオアイトラッキングテクノロジーです。

1度未満の精度を実現し、Bionic Display™とシームレスに動作するようにカスタマイズされた20/20 Eye Tracker™は、実物どおりに見える、人の目レベルの解像度を持つVRで視線追跡を行う世界で唯一(2019年8月、Varjo社調べ)のアイトラッカーです

VR-2の20/20 Eye Tracker™を使用することにより、視線データを入手して、研究、分析、トレーニング、シミュレーション、工業デザイン等、様々な分野でそれを活用できます。

20/20 Eye Tracker™の特徴

1度未満の精度
VR-2の 20/20 Eye Tracker™は、高度な正確性を備えた比類のない統合型アイトラッキング技術です。搭載された2台のハイスピードカメラ、独自の赤外線照明パターンの手法、高性能コンピュータ版アルゴリズムを駆使して、視野角1度未満の精度で視線を正確に捉えます。

パワーと精度
20/20 Eye Tracker™は、最も要求の厳しいプロフェッショナルな環境におけるデータ分析とユーザインタラクションのために最適化されています。また、眼鏡を着用していても使用でき、精密性と正確性は非着用時と変わりません。

使用ツールとの連携
20/20 Eye Tracker™の真の力は、開発者にとって使いやすいことです。20/20 Eye Tracker™ APIは、既存のソリューションと容易に連携可能で、Unity®及びUnreal® Engine向けにプラグインとコード例も提供します。

データプライバシー
VR-2の20/20 Eye Tracker技術はすべて社内で設計・開発されているため、お客様のニーズや要望を満たすように開発可能であり、プライバシーを保護するように製造されています。
20/20 Eye Tracker™が収集したデータは常にお客様個人のものであり、お客様に選ばれた第三者のみがデータを共有します。

仕様・要件など

技術仕様

解像度とリフレッシュレート
Bionic Display™は標準的な人間の視力(1.0)を上回る高解像度(画素密度60 PPD / 3000 PPI超) を実現し、リフレッシュレート60/90 Hzのフリッカーフリー画面を搭載。
1920 x 1080ピクセルの低残像マイクロ有機LED液晶パネル2枚と1440 x 1600 ピクセルの低残像アクティブマトリクス有機LED液晶パネル2枚を組み合わせて使用。

快適さと使いやすさ
アクティブ・エアフロー・システム、調整可能な着脱式ヘッドバンドとヘッドストラップ、サイズが2種類あり、容易に交換可能で快適な装着感のフェイスクッション、使用者が替わる時に素早く正確にキャリブレーションを行う自動瞳孔間距離(IPD)調整機能を搭載。


高コントラスト比(10000:1以上)により、最も深い黒と個々にキャリブレーションした色を再現し、抜群の正確さと画像品質を実現。

接続性
細くて軽い、長さ5mのUSB Type-C 光ファイバケーブルを採用。
PCと簡単に接続するためのリンクボックスを経由して接続。

視野角
87度

アイトラッキング
工業用グレードで、精度1度未満の、内蔵された100hzステレオアイトラッキング機能により、比類なき高精度を実現。Bionic Display™とシームレスに動作するように製作され、人の目レベルの解像度で眼球の動きを追跡。

トラッキング
SteamVR™ Lighthouse1.0及び2.0とARTトラッキング技術に対応。ご使用の装置の性能を最大限に引き出すため、現在ご使用中のSteamVR™対応コントローラを引き続き使用可能。

光学部品
屈折率の異なるレンズを組み合わせたデュアルレンズ設計により、色収差や反射を最小限に抑え、ゴースト光線ゼロを実現。人の目レベルの解像度を達成するために必要な光融合の明るさと鮮明さを最大限に高めるため、各レンズの表面コーティングを入念に設計。

本体質量
605 g(+ヘッドバンド)

製品名・型番・JAN

製品名 Varjo VR-2
型番 EHD-VJVR2R
JANコード 4524076129114

 

システム要件

世界最先端技術を実行するためにスーパーコンピュータは必要ありません。Varjo VR-2は、ほとんどのWindows 10搭載ノートパソコンやデスクトップパソコン、現在使用中のソフトウェアに対応しています。

コンポーネント 推奨
プロセッサ Intel Core i7-8700 以上
AMD Ryzen 7 2700 以上
GPU * NVIDIA GeForce RTX 2080
NVIDIA Quadro RTX 6000
RAM 32GB
ストレージ容量 2GB
映像出力 DisplayPort 1.2 ×2
USBポート USB 3.0(Type-Aコネクタ)またはそれ以上 ×1
(途中にHUBを入れず、直接接続願います)
動作OS Windows 10 (64-bit)
※ご注意:
本製品をお使い頂くためには以下のSteam™プラットホーム対応製品が別途必要です。
(本製品には含まれておりません)

• SteamVRプラットホーム 1.0または2.0
• SteamVR対応ベースステーション(ライトハウス)1.0または2.0
• SteamVR対応コントローラ 1.0または2.0
• オーディオ用ヘッドフォン、またはスピーカー

※AMD製GPU搭載グラフィックスボードには対応していません。

サポート

製品登録

Varjo 製品のご利用にはユーザー登録を行って頂くことが必須です。
ご購入後は速やかにユーザー登録を行ってください。

ユーザー登録は下記よりダウンロードして必要事項をご記入下さい。
ご記入後はサポートセンターへご送付下さい。
Varjo VR-2 ユーザー登録フォーマット(EXCEL:24KB)

送付先※
株式会社エルザ ジャパン サポートセンター
E-mail: sup-jp@elsa-jp.co.jp

Varjo のドライバーソフトウェアダウンロード

Varjo のドライバーソフトウェアは下記よりダウンロードしてください。
https://varjo.com/downloads/

Varjo Base ソフトウェアをダウンロードして使用することにより、Varjo エンドユーザーソフトウェアライセンス契約に記載されている契約条件に同意したことになります。
Varjo End-User Software License Agreement をよくお読みになりご同意いただける場合のみダウンロード・使用することが出来ます。

セットアップガイド

初期セットアップの方法については下記リンクをご参照ください。
https://varjo.com/use-center/getting-started/

FAQ とトラブルシューティング

FAQ とトラブルシューティングについては下記リンクをご参照ください。
https://varjo.com/use-center/troubleshooting_faq/

Varjo 製品修理依頼書

Varjo 製品の修理をご希望のお客様は下記より修理依頼書をダウンロードして必要事項をご記入下さい。
Varjo製品修理依頼書(PDF:770KB)

不具合品の発送をする前に、必ず、弊社サポートセンターへお問い合わせください。
以下の点をご確認の上、弊社サポートセンタ-まで製品をご送付ください。

・不具合品の発送をする前に必ず弊社サポートセンターへお問い合わせください。
・不具合品発送の際は、保証書が必要です 。 保証書がない場合はお受けできません。
・不具合品発送の際は、保証期間内であることをご確認ください。
・修理品の発送費用については相互負担とさせていただいております。恐れ入りますが、 修理品を弊社サポートセンターへお送りいただく際の送料は、お客様負担(元払い)にてお願いいたします。弊社からの返却時には弊社負担(元払い)にて発送いたします。事前了承なく着払いでお送りいただいた場合は、お受け取り致しかねますのでご注意ください。
・修理品は製品パッケージもしくは輸送中の衝撃に耐えられるような梱包で発送をお願いいたします。なお、輸送中の事故については、弊社にて責任を負いかねます。予めご了承ください。
・可能な限り付属品は同梱してください。
・お送りいただく際の送付状控えは大切に保管してください。

その他ご不明点がある場合、下記のサポートセンターにお問い合わせください。

個人情報保護ポリシー
本書類にご記入頂いた事項については、お申込み頂いた製品の修理に関する一連の作業、およびこれ
に関連する各種ご案内以外には利用致しません。弊社プライバシーポリシーの詳細については、下記の弊社 Web ページをご参照願います。
http://www.elsa-jp.co.jp/privacy/

修理品の送付先※
〒105-0014 東京都港区芝 3-42-10 三田UTビル3階
株式会社エルザ ジャパン サポートセンター 宛

お問い合わせ先※
TEL: 03-5765-7615 E-mail: sup-jp@elsa-jp.co.jp

  • Twitter 公式アカウント
  • Windows 10 対応ドライバは、こちら