GRID ソフトウェア / SUMS

NVIDIA GRID™ は、NVIDIA GPU テクノロジの機能を仮想デスクトップおよび仮想アプリケーションに拡張し、高品質のユーザーエクスペリエンスを提供するグラフィック仮想化プラットフォームです。Tesla V100/P100/P40/P4/M60/M10 を仮想環境で使用するにはGRID ソフトウェアのライセンスが必要になります。

    img_nvidia_grid_logo

    製品概要

    NVIDIA GRID

    NVIDIA GRID™ は、NVIDIA GPU テクノロジの機能を仮想デスクトップおよび仮想アプリケーションに拡張し、高品質のユーザーエクスペリエンスを提供するグラフィック仮想化プラットフォームです。Tesla V100/P100/P40/P4/M60/M10 を仮想環境で使用するにはGRID ソフトウェアのライセンスが必要になります。

     

    how-grid-works

    GRID ソフトウェア

    GRID ソフトウェアはデータセンターで稼働しているグラフィックスが強化された仮想デスクトップと仮想アプリケーションを場所やユーザー、デバイスの制限なく提供するためのソフトウェアです。GRID ソフトウェアには以下の3つのエディションがあります。

    1. NVIDIA GRID Virtual PC︰仮想デスクトップのグラフィックスをリッチにしてWindows アプリケーション、Web ブラウザ、高解像度ビデオを利用したいユーザ用。
    2. NVIDIA Quadro Virtual Data Center Workstation︰CAD 等のプロ用のグラフィックスアプリケーションをフルパフォーマンスで場所やデバイスの制約なくリモートで使用したいユーザ用。
    3. NVIDIA GRID Virtual Applications︰XenApp や他のRDSH ソリューションを展開している組織用。PC レベルのアプリケーションやサーバベースのデスクトップ用。

    tech-software-editions_all

    WINDOWS10のグラッフィクス機能の表示をサポート

    WINDOWS10以前ではDirectX9を使用し、デスクトップウィンドウ機能を抑えることで最適化された描画を実現していましが、WINDOWS10では、DirectXで描画を最適化することが出来ないので、グラフィックスの利用が頻繁になってしまいグラフィックスリソースを大幅に消費してしまいVDI化の際の考慮が必要でした。

    近年のデジタルワークスペースで使用するアプリによるグラフィックリソースの消費量

    2012年の頃に比べると現在のワークスペースで使用するアプリでは約2倍のグラフィックスリソースを消費している。

    NVIDIA GRID リモートディスプレイ

    画面転送プロトコルの高速化

    画面圧縮処理をCPUからGPUに搭載された ハードウェアエンコーダー(NVENC)にオフロード。

    仕様

    各エディションの機能とスペックGRID ソフトウェアには以下の3つのエディションがあります

    特徴 NVIDIA GRIDVirtual PC NVIDIA GRIDVirtual Workstation NVIDIA GRIDVirtual Applications
    ライセンス関連
    同時利用ユーザ
    機能関連
    デスクトップの仮想化 ×
    RDSH App ホスティング
    Windows ゲスト OS N/A
    Linux ゲスト OS × N/A
    最大ディスプレイ数 4 4 N/A
    最大解像度 2560×1600 4096×2160(4K) N/A
    Quadro ソフトウェア機能 × ×
    CUDA & OpenCL ×
    GPU パススルー ×
    サポートする vGPU プロファイル
    512MB ×
    1GB
    2GB ×
    4GB ×
    8GB ×

    GRID ソフトウェア を利用可能なプラットフォーム

    NVIDIA GRIDVirtual PC NVIDIA GRIDVirtual Workstation NVIDIA GRIDVirtual Applications
    Citrix XenDesktop N/A
    Vmware Horizon(View) N/A
    Citrix XenApp N/A N/A
    Vmware Horizon RDSH N/A N/A
    Other RDSH N/A N/A
    Microsoft RemoteFX × N/A
    Vmware Horizon vSGA × N/A

    GRID ソフトウェア で使えるTesla と動作確認されているサーバ

    NVIDIA GRID はNVIDIA Tesla をデータセンターで展開する際にグラフィックスと仮想化機能を提供します。現時点では以下のTesla GPU をサポートしています。

    1. Tesla M60:  PCIe フォームでラックサーバ用。K2 の後継機。2. Tesla M10:  PCIe フォームでラックサーバ用。K1 の後継機。3. Tesla M6:   MXM フォームでブレードサーバ用(※ ELSA では取り扱いは御座いません)

    ライセンスの種類

    3種類の GRID ソフトウェアはいずれも年次の Support Update and Maintenance Subscription(SUMS)とセットになった永続ライセンス、または年次サブスクリプションとして購入可能です。永続ライセンスは期限なしでユーザにソフトウェアを使用する権限を与えます。永続ライセンスの場合、最低1年間のSUMSとセットで購入する必要があります。SUMS のサブスクリプションは年次ベースで更新可能です。年次サブスクリプションはライセンスボリュームに融通が効き、管理しやすいため、永続ライセンスより手軽な選択肢です。年次サブスクリプションの場合、ライセンスが有効な期間中はSUMS がセットになっています。

    • Twitter 公式アカウント
    • Windows 10 対応ドライバは、こちら