ニュースリリース

NEWS

エルザジャパン、I/O バーチャリゼーション製品を手がける(米)NextIO社との日本における戦略的パートナーシップを締結

2010年9月22日、コンピュータグラフィックスソリューションを展開しているリーディングカンパニー、株式会社エルザジャパン(東京都港区、代表取締役社長:内藤万義)は、I/Oコンソリデーション製品を提供する (米)NEXT IO社と日本国内の総販売代理契約を締結した事を発表いたします。今回その第一弾として、1Uサイズの筐体にNVIDIA Tesla M2070 GPUを初めて搭載したGPUコンソリデーションアプライアンスとして「vCORE Express 2070」を、エルザジャパンより販売致します。
エルザジャパンは、これらの製品を、既存の販売チャネル網を経由して日本市場に販売していきます。

エルザジャパン 代表取締役社長 内藤万義
「我々の目標は、I/OコンソリデーションとGPUコンピューティングのベストソリューションを提供する事です。日本市場において、vCORE Expressは、高い拡張性とサービス性、高密度なGPUコンソリデーションを必要とするお客様にとって、非常に重要な製品です。」

vCORE Expressシリーズは、ワークステーションやスモールクラスター向けにシンプルでありながら、パワフルな製品を提供する事で、小規模から中規模まで、NEXT IOのGPUコンソリデーションプロダクトラインナップを強化しています。vCORE Express-2070 は、1Uサイズの筐体に、4つのTESLA M2070を搭載し、PCI-Express x16バス経由で、サーバーと接続することで、エンタープライズカスタマーは、既存のシステムにスムーズに導入でき、ラック環境で、GPUコンソリデーションをシームレスに管理する事ができます。

NextIO、ワールドワイドセールス&マーケティング副社長、 マイク・ヒューマン
「エルサジャパンとの業務提携で、NextIO の革新的な I/Oコンソリデーションテクノロジを、日本のマーケットに提供することができ非常に興奮しております。日本でナンバーワンの GPGPUソリューションとグラフィックスソリューションのリーダーであるエルサジャパンと協業することで、真のI/Oコンソリデーション環境をユーザーへ提供してくれるでしょう。」

さらに、エルザジャパンは、NEXIO社との業務提携により、vCORE Expressシリーズの他に、16GPU搭載することができる製品「vCORE Extreme」(3Uサイズで16GPUを搭載)と、それぞれのホストサーバーへのGPUを割り当てることができる「vCORE Flex」(4Uサイズで16GPU搭載)、また複数のSSDドライブを搭載し、大容量かつハイパフォーマンスを実現した「vSTOR」(3Uサイズで14TB、最大で2.2M IOPS)、ファイバーチャネル、イーサネット、 FCoE と InfiniBand ホストカードのI/O リソースを共有することができる「vNET」といったソリューションも、随時提供する予定です。

NextIO vCORE Express 2070の製品詳細はこちら


NextIO vCORE Express 2070