ニュースリリース

EVENT

全国3か所で、インターネットにおける「最適化」による優位性を主題としました、 「第1回TCP最適化ソリューションセミナー」を開催いたします。

現在、企業はもとより教育機関でも生産性の向上または授業でのICT利活用のため、インターネットの日常的な活用や無線LAN環境の整備がすすんでいます。しかし、無線LANの特性上遅くて不安定な通信速度により、アプリケーションの性能と利用者の生産性の低下が問題となっています。

本セミナーでは、インターネットについての課題・今後の展望と最適化がもたらすインパクトについて、富士ゼロックス『beat』の開発者であり、現在、富士ゼロックス株式会社ソリューションサービス・役員付の吉田 武央氏による基調講演のほか、TCPを最適化する唯一のアプライアンス製品『Tbridge-ティーブリッジ-』のご紹介・提案事例の共有など、SIer/NIer様必見の内容のセミナーを全国3か所で開催いたします。

開催日時 名古屋
2014年10月23日(木)  14:00~17:00

大阪
2014年10月28日(火) 14:00~17:00

東京
2014年11月7日(金) 14:00~17:00

会場 名古屋会場
TKP 名古屋駅前カンファレンスセンター(アクセス

大阪会場
TKP 新大阪ビジネスセンター(アクセス

東京海上
TKP品川カンファレンスセンター(アクセス

主催 チエル 株式会社
共催 株式会社エルザ ジャパン
定員 40名
参加費 無料 ※事前登録制
申し込みサイトにアクセスし、 参加を希望される会場を選択ください。
お申し込み・お問合せはこちら
セミナーチラシ ダウンロードはこちら
基調講演 講演タイトル
「インターネットの軌跡 今何が起きて、これからどこへ向かうのか?」
~最適化が変えるインターネット~

講演者プロフィール
吉田 武央氏 (富士ゼロックス(株)ソリューションサービス開発本部 役員付)
パッケージ・ソフトウェア大手の株式会社アシストの技術VPを経て、セキュリィソフトで世界一の企業である米ComputerAssociates Internationalに招聘。その後、富士ゼロックスに招聘されブロードバンドービス「beat」をゼロから立ち上げる。 PMとして活動し、全てのサービスデザイン、ハードウェアデザイン、特許を手がける。米国、英国、フィンランド、中国、日本とのセキュリティベンダーCRO 連携。インターネット協会、APAN、OECD標準規格、国会セキュリティ、スマートホーム研究、各省庁予算部会にも携わる。

講演内容
企業はもとより、教育機関でも日常的に活用されているインターネット。今、インターネットの世界で何が起きてどのような課題があるのか。今後インターネットはこれからどこに向かおうとしているのか・・・そして、その動きのなかで、『 最適化 』とはどのようなインパクトがあるのかを富士ゼロックス「beat」の開発者である、吉田氏に徹底解説をしていただきます。