ニュースリリース

NEWS

エルザ初の CXL 対応製品『H3 Falcon C5022 DVT』の取り扱いを開始いたします

株式会社エルザジャパン(本社:東京都港区)はこのたび、弊社初の CXL®(Compute Express Link) 関連製品となる H3 Platform 社製 CXL メモリ拡張/プーリング・アプライアンス『Falcon C5022 DVT(※)』 の取り扱い開始を発表いたします。
※本製品は DVT(量産前のアーリーアダプタ様向け概念実証用)製品です。量産型では仕様が変わる場合がございます。

本製品は CXL インターコネクトを用いて対応サーバーと接続することで最大 5.5TB という広大なメモリ 空間を 1 台または複数のサーバーから共有/シェアすることを可能にするアプライアンスの概念実証用評価機で、 最大 22 枚の EDSFF E3.S 2T PCIe Gen5 x8 256GB モジュールを搭載することが可能です。

製品の概要および Web ページへのリンクは以下の通りです。

H3 Falcon C5022 DVT

販売価格 担当営業までお問い合わせください。
Web ページ https://www.elsa-jp.co.jp/products/detail/h3-falcon-c5022-dvt/

製品特徴

  • CXL 2.0 規格に対応した CXL メモリ拡張/プーリング・アプライアンス概念実証用評価機
  • Xconn 社製 XC50256 スイッチ搭載
  • 4 枚の CDFP コネクタ搭載ホストインターフェイスカードにより最大 8 台までのホストと接続可能
  • 最大で 22 基の EDSFF E3.S 2T モジュールを搭載可能
  • 1600W 電源×2(1+1 リダンダント)搭載
  • 内部冷却用としてホットスワップ可能な 80mm 角デュアルローターファンを 4 基搭載
  • 3U、幅 434.6×奥行 600×高さ 133.4mm

【CXL(Compute Express Link)および CXL コンソーシアムについて】

CXL コンソーシアムは業界の主要な企業や技術者が参加して CXL の仕様策定や標準化を進めている オープンな標準化グループです。

エルザ ジャパンは今回の製品発表に先駆けて CXL コンソーシアムに Adopter メンバーとして加盟して おり、今後本製品をはじめとした CXL 関連商品をより多くのお客様へご提案してまいります。

エルザ ジャパン プレスリリース:CXL コンソーシアム加盟のご案内

以上

■株式会社 エルザ ジャパンについて
1997年の設立以来20年以上にわたり一貫してPC向けのプロフェッショナル/コンシューマ向けGPU搭載グラフィックスボードをはじめとしたビジュアリゼーション関連製品の販売を手掛け、近年ではGPUが持つ卓越した演算能力を生かしたビッグデータ解析やAI、機械学習分野のサーバー機器および高性能ワークステーション、VTuberに代表されるストリーマー向けPC、業務用のハイエンドXR向けHMDにも注力している。

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。 仕様は予告無く変更する場合があります。 発売日は諸事情により変動する場合があります。あらかじめご了承ください。