製品情報

Datapath Fx4-DP

1つの筐体に4つの出力を搭載、あらゆる用途に対応するスタンドアローン型マルチディスプレイコントローラ

  • 製品概要
  • 仕様
  • 導入事例

製品概要

Datapath Fx4-DP は4系統の DisplayPort 1.1 1080 60p 出力に対応し4台のディスプレイにまたがって映像を柔軟に表示することができるスタンドアローン型マルチディスプレイコントローラです。4系統の出力はオリジナルの入力イメージを任意のトリミング領域で表示でき、ディスプレイの縦置き・横置きに対応した90°、180°、270°の回転が可能です。また、1ピクセル単位の表示領域の調整やクローン表示、ベゼルコレクションにも対応しています。

Datapath Wall Designer ソフトウェア

DatapathのFx4-DPマルチディスプレイコントローラとシームレスに動作するように開発された専用ソフトウェアWall Designerを使用することで、あらゆるモニタの追加、入力の追加と表示領域の調整によるコンテンツの可視化が可能となります。また、USBもしくはネットワークを介して全てのFx4-DPを瞬時にプログラム可能です。

自在なレイアウト

DatapathのFx4マルチディスプレイコントローラは各出力モニタから入力されたソースをトリミング、スケーリング、回転、フレームレート変換など、全て任意の領域で出力することが可能です。また、Loop out 端子を通して複数のFx4をデイジーチェーンにて接続することで、広大なマルチスクリーンの構築も可能です。

入力映像を4つ複製して、各複製を個別の画面に表示します。

入力映像を4分割し、それぞれを個別のディスプレイで表示します。モニタのベゼル補正を行うことができます。

入力映像 を複製して、ひとつは1台の横方向ディスプレイで表示し、もうひとつは3つに分割し、縦方向に回転してから3台のディスプレイに表示します。

入力画像の一部を切取りし、特定領域をアップスケールしてから、4つの個別画面に表示します。

異なるサイズ、メーカーでの複数ディスプレイの接続による表示も可能です。

NVIDIA Mosaic テクノロジーとの組み合わせ

NVIDIA Quadroグラフィックスボードの4系統出力をDatapath Fx4でさらに分割することにより、
FHD16面による8K表示や、NVIDIA Mosaicだけでは実現できない表示を可能にします。

仕様

Datapath Fx4-DP
製品型番 EDC-FX4DP
JANコード 4524076131391
外形寸法/重量 316×172×42mm / 1.86kg
動作環境温度 0~35℃
消費電力 35W, 100-240V, 50/60Hz
映像入力端子 HDMI 2.0 N/A
映像入力端子 HDMI 1.4 2160p@60Hz(4:2:0) / 2160p@30Hz(または最大297MP/s)×2
映像入力端子 DisplayPort 1.2 2160p@60Hz(または最大616MP/s)×1
映像出力端子 3G-SDI N/A
映像出力端子 DisplayPort 1.1×4 1080p@60Hz / 1200p@60Hz(または最大165MP/s) ※出力信号の一辺が2048ピクセルより大きい場合、165MP/sの範囲内でも動作しない場合がございます
映像出力端子 ループスルー DisplayPort 1.2
HDCP HDCP 1.4
Genlock BNC端子(アナログBB信号) / 映像入力端子(HDMI 1, HDMI 2, DisplayPort)
制御用インターフェース USB 2.0 Type-B / 100BASE-Tイーサネットポート×2
制御用ソフトウェア Datapath Wall Designer 対応 ※Wall Designerのダウンロードにはインターネット接続が必要です
同梱品 クイックスタートガイド / 製品保証書 / 電源ケーブル / USBケーブル / ラックマウント用金具含むアクセサリ / Safety Precautions
保証期間 3年間
特徴
HDR ×
オーディオパススルー による音声出力 ×
デイジーチェーン接続
4K60p(4:4:4)入力
入力映像の ダウンスケール
スタンドアローン オペレーション

背面

※使用の際は最新版のファームウェアとFlashにアップデートして下さい

導入事例

Datapath Fx4シリーズ導入事例 ~ ピーディーシー株式会社様の場合 ~