製品情報

Datapath VisionLCシリーズ

組み込み用途に特化し、機能を絞ったキャプチャーカード

  • 製品概要
  • 仕様

製品概要

ディスクリートのビデオキャプチャは現在、遠隔教育やビデオ会議、ゲーム、医療、放送などのライブ配信など、様々な市場において、多くの小型フォームファクタ機器において主軸となりつつあります。

Datapath VisionLCシリーズは、そうしたアプリケーションに最適な低遅延かつ高精細なキャプチャを提供するコンパクトなキャプチャカードです。Datapathの『LiveStream』キャプチャアーキテクチャにより、キャプチャされたビデオは処理され、プロセッサまたはグラフィックスボードにリアルタイムで配信することが可能です。

Datapath VisionLC シリーズは、オンボードでの色空間変換とスケーリングに対応しており、ビデオ信号をアプリケーションのレンダリングやエンコーディングに適した形式で効率的に転送することが可能です。
またDatapath VisionLCキャプチャカードは、ネイティブで32 / 24 / 16 / 12ビットのYUVおよびRGBフォーマットに対応しています。

特徴
  • Microsoft AVストリームフレームワークに基づいて構築され、DirectShowまたはMedia Foundationでサポートされているアプリケーションによりアクセス可能
  • Video for Linux(V4L)にも対応しドライバーを提供
  • テスト済みのアプリケーション
  •  ・Microsoft Media Encoder
     ・VLC
     ・Telestream WireCast
     ・vMix
     ・Opencast Matterhorn
     ・VidBlaster
     ・OBS Project
     ・Adobe Flash Media Encoder
     ・Dataton Watchout

仕様

製品名 Datapath VisionLC-HD2 Datapath VisionLC-HD
Datapath VisionLC-SDI
外形寸法 103mm x 64mm
コネクタ HDMI ×2 HDMI ×1 SDI ×1
ピクセルレート Chl 1: 297 MP/s
Chl 2: 165 MP/s
297 MP/s SMPTE 2048-2
キャプチャ解像度 Chl 1: 3840x2160p @ 30Hz
Chl 2: 1920x1080p @ 60Hz
3840x2160p @ 30Hz SD-HD-3G at 60 fps
転送速度 1.6 GB DMA最大転送 800 MB DMA最大転送 800 MB DMA最大転送
ピクセルフォーマット 32 / 24 / 16 bit RGB (4:4:4). 16 bit YUV (4:2:2). 12 bit YUV, N12, YV12 (4:2:0)
オーディオ HDMIとSDIによる16ビットのステレオペアPCMオーディオ、サンプリングオプションは44.1 / 48 / 96kHz
ビデオモード HDMI
DVI
HDMI
DVI
SDI-SDI (480i / 576i)
HD-SDI (1080i)
3G-SDI (1080p)
2k Digital Cinema modes
低遅延 ライブストリーム: キャプチャ – シングルフレームタイムに加え、ファイナルラインのDMA転送
OS Linux / Windows XP / VISTA / 7 / 8 / 8.1 / 10 / 2003 / 2008 / 2012
消費電力 5W 3.3W 3.3W
カタログダウンロードはこちら