製品情報

Datapath VSNMicro 600

コンパクトな筐体に抜群のパフォーマンス

最大6枚の入出力カードを搭載可能なデスクサイドタイプのビデオウォールシステム

  • 製品概要
  • 仕様
  • 専用グラフィックスボード
  • キャプチャカード

製品概要

コンパクトなのにパワフル

Datapath VSNMicro 600は、1台でビデオウォールをコントロールが可能なデスクサイズタイプのビデオウォールシステムです。

出力カードと入力カードをVSNMicro 600は最大6枚まで搭載可能で、任意の映像入力を、リアルタイムで、複製、拡大、縮小、回転、切抜処理後、指定位置にその映像を表示する事が可能です。メインシステムには高品質、高耐久なコンポーネントを採用し、オプションにてSSD 2枚によるRAID 1 構成や冗長化電源の選択が可能です。

ビデオウォールに映像を流す

VSNMicro 600は、最新のコントロールソフトウェア「WallControl 10」を使用することで、最大44の映像入出力が可能です。また、わかり易いユーザーインターフェースで、インタラクティブに映像の切り換えが可能です。汎用の Windows システムと組み合わせてVSNMicro 600は以下の事が出来ます。

  • 同時に複数スクリーンへ複数の映像を表示- メディアプレーヤーを含む外部映像ソースからキャプチャされたビデオのリアルタイム再生
  • オンライン、ローカルメディア映像を、VSNMicro 600を通じてリアルタイム再生
  • 標準でインテル Core i5 プロセッサ搭載、オプションでインテル Core i7 プロセッサを選択可能
WallControl 10

WallControl 10 はユーザに、ローカルアプリケーションの映像再生だけでなく、IPストリームからの映像入力や、ビデオキャプチャからの映像入力を、効率的に、素早く管理出来るユーザーインターフェースを提供します。ユーザは単純なドラッグアンドドロップ操作で、ビデオウォール上に、任意の入力ソースを任意の位置に表示する事が出来ます。コンテンツの表示位置は、マウスとキーボードでインタラクティブに設定することができ、その設定を保存する事も可能です。また、事前に準備された簡易テンプレートツールで、表示位置を簡単に設定する事も可能です。

WallControl 10 は、1人のユーザが複数のビデオウォールをシームレスに管理する事が出来るタブ付きインターフェースに対応し、複数の映像が着実に再生されていることを一つのシステムから確認することができます。

Datapath WallControll 10 デモ動画(英語)

  • マルチウォール

    WallControl 10 は、複数のビデオウォールを管理する事が可能です。一つのシステムから複数のビデオウォールに映像を表示する事が可能で、エリアで隔てられた複数のウォールは1つのシステムから単独で操作する事が可能です。

  • IPデコード仕様

    WallControl 10は、ユーザーがオンボードプロセッサまたは別売りのDatapath ActiveSQX デコードカードを使ってIPストリームを効果的にデコードすることが可能です。

  • VNC サポート

    WallControl 10 はVNC に対応し、リモートデスクトップをネットワーク経由で、ビデオウォールに表示する事ができます。

IPデコード 仕様
デコードサポート H.264 Mpeg4 (Part 10 AVC), Mpeg4 Part 2 &MJPEG
インターネットプロトコル IPv4, IPv6
De-interlacing 対応
ストリーミングプロトコル HTTP, RSTP & MPEG2-TS support for Multicast & Unicast
OS サポート Windows Vista 7 / 8 / 8.1 / 10 32 & 64 bitWindows Server 2003 / 2008 / 2012 32 & 64 bit

※ 継続的に開発しているため、仕様は都度変更となる場合が御座います。予めご了承下さい。

バージョン

WallControl 10 は、WallControl 10 Standard とWallControl 10 Pro の2つのバージョンがあります。

WallControl 10 Standard WallControl 10 Pro
対応IPストリーム 8ストリーム ハードウェアの限界まで
マルチビデオウォール ×
ユーザ権限管理機能 ×

仕様

製品名 Datapath VSNMicro 600
外形寸法 (mm) 横 × 縦 × 奥行 250 × 176 × 380 mm / –kg
プロセッサ Intel Core i5 3.6GHz(*1)
メモリ 標準:DDR4 8GB
最大:DDR4 16GB
PCIExpress スロット PCI Express 3.0 x8(6スロット)
ハードドライブ 標準:240GB SSD ×1
オプション: 480GB SSD ×1
RAID 仕様 標準:非対応
オプション:RAID 1
PCIe 拡張 BOX 対応 非対応
Intel Quick Sync 対応
オペレート用
オンボードグラフィックス
DP ×3
電源 ATX 500W
または RPSU 500Wx2
OS Windows 10
USBポート USB 3.0 ポート ×4
USB 2.0 ポート ×4
Ethernet Intel Gigabit Ethernet port ×2
その他インターフェース RS-232c
(*1)オプションでCPUを、Core i7 4GHzに変更可能

専用グラフィックスボード

グラフィックスボード - Image2K
Image2K 仕様諸元
製品名 Datapath Image2K
型番 EDI-2K
JAN 4524076132459
対応スロット 物理:PCI Express x16 / 電気:PCI Express Gen.3 x8
ボードサイズ タテ110mm×ヨコ177mm(ファンシンクを含む)
出力端子 HDMI2.0ポート×4基(HDCP2.2準拠)
最大出力解像度 3840×2160@60Hz ×2系統
または3840×2160@60Hz ×1系統+1920×1080@60Hz ×3系統
最大実効転送速度 5.5 GB/s(Visionシリーズキャプチャカードと組み合わせた場合)
最大色深度 コンポーネントあたり8ビット
搭載可能最大枚数 8(32表示チャネル HD出力)
グラフィックカードメモリ 2GB
最大消費電力 35W
動作温度 0°C~35°C / 32°F~96°F
保存温度 -20°C~70°C / -4°F~158°F
相対湿度 5%~90%(ただし結露しないこと)
MTBF 80,000時間以上
グラフィックスボード - Image4K
Image4K 仕様諸元
製品名 Datapath Image4K
型番 EDI-4K
JAN 4524076132251
対応スロット PCI Express x16 (物理形状 / 電気的にはGen.3 x8)
ボードサイズ タテ110mm×ヨコ177mm(ファンシンクを含む)
出力端子 HDMI2.0ポート×4基(HDCP2.2準拠)
最大出力解像度 1チャネルあたり3840×2160@60Hz(最大594MP/s)
最大実効転送速度 5.5 GB/s(Visionシリーズキャプチャカードと組み合わせた場合)
最大色深度 コンポーネントあたり8ビット
搭載可能最大枚数 6(24表示チャネル)
グラフィックカードメモリ 8GB
+ 3.3V最大電流 0.6A
+ 12V最大電流 4.0A
最大消費電力 50W
動作温度 0°C~35°C / 32°F~96°F
保存温度 -20°C~70°C / -4°F~158°F
相対湿度 5%~90%(ただし結露しないこと)
MTBF 80,000時間以上
グラフィックスボード - ImageDP4+シリーズ
ImageDP4+シリーズ仕様諸元
製品名 Datapath ImageDP4+ Datapath ImageDP4+/HDMI Datapath ImageDP4+/DVI
型番 EDI-DP4+ EDI-DP4+H EDI-DP4+D
JAN 4524076131797 4524076131803 4524076131810
対応スロット PCI Express x16
ボードサイズ タテ110mm×ヨコ177mm(ヒートシンクを含む)
出力端子 DisplayPort 1.1a ×4基
最大出力解像度 2560×1600×4@60Hz ×4(max359Mpixels / s)
または3840×2160@30Hz ×2
最大色深度 コンポーネントあたり8ビット
搭載可能最大枚数 12(48ディスプレイチャネル)
グラフィックカードメモリ 合計2GB
+ 3.3V最大電流 0.25A
(DPextend + DPadaptの 4チャネルに電力供給する場合は+1.8A )
+ 12V最大電流 1.2A
最大消費電力 15ワット
動作温度 0〜35°C / 32〜96°F
保存温度 -20〜70°C / -4〜158°F
相対湿度 5%~90%(ただし結露しないこと)
MTBF 180,000時間以上
その他 標準モデル DisplayPort → HDMI変換
アダプタ同梱モデル
DisplayPort → DVI変換
アダプタ同梱モデル

キャプチャカード

Datapath VSNMicro 600には、ご利用用途に応じて豊富なラインナップの中からお選びいただける様々なインターフェイスを持ったキャプチャカードをオプションとしてご用意しています。各製品ごとの機能や性能の詳細は下記シリーズそれぞれの製品ページからご確認ください。

キャプチャカード ー VisionSCレンジ


 

キャプチャカード ー ActiveSQX


キャンペーン 開催中