製品情報

NVIDIA A2

NVIDIA AI をあらゆるサーバーにもたらすエントリ レベル GPU。

  • 製品概要
  • 仕様

製品概要

インテリジェント エッジのためのエントリ レベル推論

NVIDIA A2 Tensor コア GPU は、エッジにおける NVIDIA AI のために、低電力、小占有面積、ハイ パフォーマンスでエントリ レベル推論を提供します。薄型 PCIe Gen4 カードと 40-60W の低電力で設定可能な TDP (熱設計電力) を特徴とする A2 は、大規模展開であらゆるサーバーに用途の広い推論高速化を提供します。

最大 20 倍の推論性能

AI 推論は、スマートでリアルタイムな体験で消費者の生活の質を高め、エンドポイントに設置された無数のセンサーとカメラからインサイトを得るために展開されます。CPU のみのサーバーと比較した場合、NVIDIA A2 Tensor コア GPU 搭載のエッジおよびエントリ レベルのサーバーは、推論で最大 20 倍のパフォーマンスを発揮し、最新の AI を処理できるよう、あらゆるサーバーを一瞬でアップグレードします。

1 基の NVIDIA A2 Tensor コア GPU とデュアルソケット Xeon Gold 6330N CPU の比較。

システム構成: [CPU: HPE DL380 Gen10 Plus、2S Xeon Gold 6330N @2.2GHz、512GB DDR4]
NLP: BERT-Large (配列の長さ: 384、SQuAD: v1.1) | TensorRT 8.2、Precision: INT8、BS:1 (GPU) | OpenVINO 2021.4、Precision: INT8, BS:1 (CPU)
テキスト読み上げ: Tacotron2 + Waveglow エンドツーエンド パイプライン (入力の長さ: 128) | PyTorch 1.9、Precision: FP16、BS:1 (GPU) | PyTorch 1.9、Precision: FP32、BS:1 (CPU)
コンピューター ビジョン: EfficientDet-D0 (COCO、512×512) | TensorRT 8.2、Precision: INT8、BS:8 (GPU) | OpenVINO 2021.4、Precision: INT8、BS:8 (CPU)

インテリジェント エッジのための高度な
IVA パフォーマンス

NVIDIA A2 GPU を搭載したサーバーは、スマート シティ、製造業、小売業などのインテリジェントエッジなどの用途において、最大 1.3 倍のパフォーマンスを発揮します。IVA ワークロードを実行する NVIDIA A2 GPU は、前世代の GPU に比べて価格性能が最大 1.6 倍、エネルギー効率が 10% 向上し、より効率的な展開を提供します。


システム構成: [Supermicro SYS-1029GQ-TRT、2S Xeon Gold 6240 @2.6GHz、768GB DDR4、1x NVIDIA A2 または 1x NVIDIA T4] | パフォーマンスは Deepstream 5.1 で測定 ネットワーク: ShuffleNet-v2 (224×224)、MobileNet-v2 (224×224)。| パイプラインはビデオ キャプチャとデコード、事前処理、バッチ処理、事後処理の e2e パフォーマンスを表します。

あらゆるサーバーに合わせて最適化

NVIDIA A2 は、5G や産業環境など、スペースや温度の要件によって制約されるエントリ レベル サーバーの推論ワークロードおよびデプロイに合わせて最適化されています。A2 は、TDP 60W から 40W まで、低電力エンベロープで動作する薄型フォーム ファクターを可能にするため、あらゆるサーバーに最適です。

クラウドで、データ センターで、エッジで、業界をリードする AI 推論パフォーマンス

AI 推論は、Web サービス、ヘルスケアとライフ サイエンス、金融サービス、小売、製造、スーパーコンピューティングなど、さまざまな産業で画期的なイノベーションを推進し続けています。A2 の低電力な小型フォーム ファクターと、NVIDIA A100A30 Tensor コア GPU との組み合わせで、クラウド、データ センター、エッジにまたがる、完全な AI 推論ポートフォリオを提供します。A2 と NVIDIA AI 推論ポートフォリオにより、AI アプリケーションのデプロイにおいて、サーバーの数を減らし、電力を低くすることができます。結果的に、コストを大幅に下げつつ、インサイトをより速く得ることができます。

企業利用に対応

NVIDIA AI ENTERPRISE

NVIDIA AI Enterprise は、AI とデータ分析ソフトウェアのエンドツーエンドのクラウドネイティブ スイートです。VMware vSphere が含まれるハイパーバイザーベースの仮想インフラストラクチャにおいて、A2 上で実行できることが認定されています。これにより、ハイブリッド クラウド環境で AI および推論ワークロードを管理、拡張できます。
NVIDIA AI Enterprise の詳細を見る ›

メインストリームの NVIDIA-Certified Systems

NVIDIA A2 を搭載した NVIDIA-Certified Systems™ は、NVIDIA の OEM パートナーが構築および販売するエンタープライズ データ センター サーバーにおいて、コンピューティングが加速する上、高速かつ安全な NVIDIA ネットワーキングを実現します。このプログラムにより、お客様は、費用対効果が高くスケーラブルな 1 つの高性能インフラストラクチャで、NVIDIA NGC™ カタログ内の多彩な最新 AI アプリケーションに対応したシステムを特定、入手、展開することができます。
NVIDIA-Certified Systems の詳細を見る ›

NVIDIA Ampere アーキテクチャのパワー

NVIDIA Ampere アーキテクチャは、エラスティック コンピューティング時代のために設計されており、現代の企業向けアプリケーションのパワーとなるために必要なパフォーマンスと高速化を提供します。世界最高クラスのパフォーマンスを誇るエラスティックなデータ センターの心臓部をご覧ください。
NVIDIA Ampere アーキテクチャの詳細を見る ›

仕様

NVIDIA A2 製品仕様
GPUアーキテクチャ NVIDIA Ampere
FP32 4.5 TFLOPS
TF32 Tensor コア 9 TFLOS | 18 TFLOPS(* 1)
BFLOAT16 Tensor コア 18 TFLOPS | 36 TFLOPS(*1)
FP16 Tensor コア 18 TFLOPS | 36 TFLOPS(*1)
INT8 Tensor コア 36 TOPS | 72 TOPS(* 1)
INT4 Tensor コア 72 TOPLS | 144 TOPS(* 1)
RTコア数(第2世代) 10
エンコード・デコード 1 エンコーダー
2 デコーダー(+AV1デコード)
メモリ 16GB GDDR6(帯域幅200GB/秒)
CUDAコア数 TBD
Tensorコア数(第3世代) TBD
接続バスコネクタ PCI Express 4.0 x8 ※x16スロット用保持具付
最大TDP 40 - 60W (初期設定 60W)
ディスプレイコネクタ なし
ECC機能 あり
製品形状 PCIe ハーフ ハイト ハーフ レングス , 1 スロット
冷却方式 パッシブ
vGPUソフトウェアサポート NVIDIA 仮想 PC ( vPC ), NVIDIA 仮想アプリケーション (vApps),
NVIDIA RTX 仮想ワークステーション ( vWS ),
NVIDIA 仮想コンピュート サーバー (vCS)
認証規格 WHQL / ISO 9241 / EU RoHS / JIG / JSTD / REACH / HF / WEEE / RCM / BSMI / CE / FCC / ICES / KCC / cUL , UL / VCCI
外形寸法 167.6mm(幅)× 68.1mm(高さ)× 18mm(厚さ)1スロットサイズ(* ブラケット含まず)
(*1) スパース行列の場合
製品内容
  • NVIDIA A2
  • 製品保証書
  • ATX ブラケット
保証期間
  • 3年間保証
製品名・型番・JANコード
製品名 NVIDIA A2
型番 ETSA2-16GER
JANコード 4524076071277
価格
  • オープンプライス

©2021 NVIDIA Corporation. All Rights Reserved. / NVIDIA、NVIDIAのロゴ、3D Play、3D Vision Pro、4-Plus-1、APEX、BattleBox、BFGD、Big Format Gaming Display、CUDA、Dabbler、DALI、DGX Station、DirectStylus、DirectTouch、Game Ready、GameStream、Geared For Gaming、GeForce、GeForce Experience、GeForce GTX、GeForce RTX、GPUDirect、G-SYNC、GRID LINK、GRID VGX、IceClear、ICERA、I AM AI、Iray、Jetson、Jetson AGX Xavier、Kepler、Made To Game、Maximus、Mental Ray、NSIST on NVIDIA、nTersect、NVIDIA 3D Vision、NVIDIA AGX、NVIDIA AutoWorks、NVIDIA BATTERY BOOST、NVIDIA BFGD、NVIDIA Big Format Gaming Display、NVIDIA Business Platform、NVIDIA Clara、NVIDIA DALI、NVIDIA Denver、NVIDIA DesignWorks、NVIDIA DGX、NVIDIA DGX POD、NVIDIA DGX Superpod、NVIDIA DRIVE、NVIDIA DRIVE Autopilot、NVIDIA DRIVE Constellation、NVIDIA DRIVE Hyperion、NVIDIA DRIVE Sim、NVIDIA GameWorks、NVIDIA GPU BOOST、NVIDIA GPU CLOUD、NVIDIA GRID、NVIDIA GRID vGPU、NVIDIA G-SYNC、NVIDIA HGX、NVIDIA Holodeck、NVIDIA IndeX、NVIDIA Isaac、NVIDIA Isaac SDK、NVIDIA Isaac SIM、NVIDIA Jetpack、NVIDIA Kepler、NVIDIA Maglev、NVIDIA Maximus、NVIDIA Maxwell、NVIDIA nForce、NVIDIA OptiX、NVIDIA Orin、NVIDIA PartnerForce、NVIDIA PureAudio、NVIDIA Quadro、NVIDIA RTX、NVIDIA SHIELD、NVIDIA SLI、NVIDIA SLI Ready、NVIDIA Slide Cover、NVIDIA SPOT、NVIDIA Tegra、NVIDIA Turing、nView、NVLink、NVS、NVSwitch、OpenACC、Openautomate、Optimus、OptiX、Pascal、Pegasus、PGI、PGI Visual Fortran、PhysX、Quadro、Quadro Experience、Quadro RTX、RealityServer、SceniX、Shadowplay、SHIELD、SLI、Surround、Tegra、Tegra NOTE、TegraZone、TensorRT、Tesla、The Way It’s Meant to be Played、TWIMTBP、ULMB、vGPU、Vibrante、VisionWorks、VirtualLink、VRLyncおよびXavierは、米国および/または他国のNVIDIA Corporation の商標および/または登録商標です。他の企業および製品名は、それらと関連性のある各企業の商標である可能性があります。