製品情報

NVIDIA Quadro GV100

Volta アーキテクチャGPU採用のグラフィックスプロセッサに、32GB の超高速大容量HBM2 メモリを搭載したウルトラハイエンドグラフィックスボード

  • 製品概要
  • 仕様
  • 対応解像度
  • ディスプレイコネクタ
  • オプション
  • ダウンロード

製品概要

Volta アーキテクチャGPU と32GB のHBM2 メモリを搭載した
ウルトラハイエンドグラフィックスボード

NVIDIA® Quadro® GV100 は、Volta アーキテクチャGPU と32GB のHBM2 メモリを搭載したウルトラハイエンドグラフィックスボードです。CUDA コア5120 基と32GB の大容量メモリで、レンダリングやビジュアリゼーションにおいて大規模なデータセットの利用を実現します。またTensor Core を640 基搭載し、Deep Learning 用途にて比類の無いニューラルネットワークトレーニングと推論性能を可能にします。別売り NVLink ブリッジを利用して2 枚の NVIDIA® Quadro® GV100 を接続することで、GPU 間において従来のPCIe バス間の通信よりも高速に通信することが可能です。

第 2 世代 NVLink 対応

NVLink による最大2-way マルチGPU をサポートします。2 枚の NVIDIA Quadro GV100 を接続することでGPU 間において従来の PCIe バス間の通信よりも高速に通信することが可能です。第2世代のNVLink ではバンド幅が80GB/s(双方向)から100GB/s(双方向)向上したことにより、GPU からGPU へのデータ転送速度が向上し、実効メモリ容量とアプリケーション性能を向上させます。
※ NVLink ブリッジ(厚さ13.375mm)はオプションです。

高速大容量HBM2 メモリ

メモリバス幅4096bit、メモリ帯域870GB/s、HBM2 メモリを大容量32GB 搭載することで大規模なデータセットを扱うアプリケーションに最適なプラットフォームを提供します。メモリが大容量化したことで Deep Learning における何十万枚もの画像などのデータセットを高速にバッファにためることが可能になり、ホスト間のデータコピーにかかる時間を劇的に短縮します。

ECC 機能対応

厳しい精度と信頼性を求められるミッションクリティカルなアプリケーションに最適な機能です。メインメモリとは別の領域をチェック用のECC ビットとして使用するサイドバンドECC を有効にすることによりパフォーマンス上のペナルティまたは容量のオーバーヘッドなしに高いデータ信頼性を実現します。
※ ECC が働いた場合、有効に利用できるメモリバンド幅が減る影響があるためグラフィックス処理に使う場合にはフルのメモリ容量とメモリバンド幅を生かせるように、ECC 機能は既定ではオフになっています。

最新のディスプレイコネクタレイアウト搭載により、4K 4画面出力に対応

NVIDIA® Quadro® GV100は、4系統のDisplayPortコネクタと、最大4画面出力をサポートします(*DP-HDMI2.0変換ケーブルを使用することでHDMI2.0bへも対応)。DisplayPort 1.4対応により、ケーブル1本の接続で5120×2880@60Hzでの表示が可能です。またケーブル2本の接続で7680×4320@60Hz、4本では7680×4320@120Hzまでサポートします。高い描画性能と大容量メモリを生かし、柔軟性の高い表示を可能にします。

*お使いのDP-HDMIアダプタの仕様によります。

30bit カラー出力対応

RGB各色10bit(合計30bit)のカラー出力に対応。約10億6433万色の豊かな発色によりAdobe Photoshop CCなどの対応アプリケーションにおいてリアルで滑らかなグラデーションを実現し、より高いクオリティのデータ加工・編集が可能になります。

  • 8K 超高解像度

    DisplayPort を4 系統接続することにより7680×4320@120Hz の高い解像度をサポートします。
    ※ DisplayPort 1.2 Certified, DisplayPort 1.3/1.4 Ready

  • 高い演算性能

    倍精度演算性能7.4TFLOPS、単精度演算性能14.8TFLOPS により数値シミュレーションでの計算にかかる時間を劇的に短縮します。

  • Deep Learning 向けに開発された
    プロセッサコアを640 基搭載

    最高118.5Tensor TFLOPS という比類ないニューラルネットワークトレーニングと推論性能により、開発者のトレーニングにかかる時間と推論結果を得る時間を劇的に短縮します。

  • NVIDIA CUDA™ アーキテクチャ

    NVIDIA® Quadro® GV100は、最新のSMXアーキテクチャを搭載し、Dynamic Parallelism、NVIDIA Parallel DataCacheなど、最新のCUDAアーキテクチャをサポートしています。

  • OpenGL4.5、DirectX12 対応

    シェーダーモデル5.1に準拠し、OpenGL4.5、DirectX12をサポートします。既存のアプリケーションの互換性の他、今後リリースされる最新アーキテクチャを利用したアプリケーションにも備えられます。

  • GPU Boost 機能を搭載

    GPUクロック速度を自動調整し、最大アプリケーションパフォーマンスを発揮させるGPU Boostを搭載、消費電力と発熱をリアルタイムに調整しGPUを最大限活用させます。

NVIDIA VR Ready

NVIDIA® Quadro® GV100グラフィックスボードは、プロフェッショナルVRワークフローにおいて必要とされる、強力なVRプラットフォームを提供します。さらに、プロフェッショナルアプリケーションの開発者はNVIDIA VRWorks™ SDKを利用することで、プラグアンドプレイに対応したシンプルなヘッドマウントディスプレイ(HMD)の互換性、低レイテンシの VRレンダリング、複数のGPUでのスケーラブルなパフォーマンスと同期を実現できます。

バーチャルに建築物を見学したり、医学を教えたりする新たな方法を探している場合でも、優れた製品やアプリを新たに作成する場合でも、NVIDIA® Quadro®ビジュアルコンピューティングプラットフォームを使用することで、今までにないVR体験を実現できます。

仕様

グラフィックスプロセッサ NVIDIA® Quadro® GV100 グラフィックスプロセッサ
CUDAコアプロセッサ 5120コア
メモリ 32GB HBM2 搭載
メモリインターフェース 4096bit
メモリバンド幅 最大870GB/sec
バス PCI Express 3.0 x16 インターフェース
対応API OpenGL 4.5〜2.1 / DirectX 12(Shader Model 5.1) / DirectX 11〜8.1

NVIDIA CUDA / DirectCompute 5.0 / OpenCL API / Vulkan
認証規格 WHQL / ISO9241 / EU RoHS / JIG / REACH / HF / WEEE / RCM / BSMI / CE / FCC / ICES / KC / cUL, UL / VCCI
最大消費電力 250W
ディスプレイコネクタ DisplayPort × 4 (DisplayPort ver 1.4対応)
最大画面数 4画面
その他オプションコネクタ NVIDIA NVLink™エッジコネクタ × 2

Quadro Sync 2ボード接続用コネクタ × 1

3ピン ステレオシャッター用コネクタ × 1 *

* 別売の3pinステレオブラケットを使用。(拡張バスを1 スロット分消費します)
その他搭載機能 ECC機能サポート

NVIDIA High Definition Audio機能

HDMI 2.0b HDCP 2.2 サポート(HDMIコネクタへのDP-HDMI​2.0変換アダプタは別途お買い求めください)
対応OS Windows® 10* / Windows® 8.1 / Windows® 8 / Windows® 7 / Windows® Server 2016 / Windows® Server 2012 R2 / Windows® Server 2008 R2 / Linux (64bit)

* Windows® 10 はバージョン 1511(OSビルド 10586)以降が必要です。

※各 OS 最新のアップデートの適用を推奨
外形寸法 266.7mm × 111.15mm × 38mm 2スロットサイズ (*ブラケット含まず)
推奨動作環境
CPU Intel® Xeon® / Core™ iシリーズ以降のCPU

AMD Phenom™ / Opteron™ 以上のCPU を搭載したDOS/V PC 及びワークステーション
接続バススロット PCI Express x16に対応した空きスロット1つと隣接スロット1つ (PCI Express 3.0)
電源容量 最小:定格出力600W 以上の出力が可能な電源ユニット

推奨:定格出力650W 以上の出力が可能な電源ユニット
電源コネクタ PCI Express 8ピン電源コネクタ
システムメモリ 8GB以上 / 16GB 推奨
ハードディスク 1GB 以上の空きハードディスク容量
光学ドライブ ソフトウェアインストールのためのCD/DVD ドライブ
ディスプレイ 1024 × 768 以上の解像度が表示可能なディスプレイ
製品内容
  • NVIDIA® Quadro® GV100 グラフィックスボード
  • ドライバ CD-ROM
  • 日本語版クイックスタートガイド
  • 日本語グラフィックスボードマニュアル
  • 製品保証書
オプション製品
保証期間
  • 3年間保証
品番
製品名 NVIDIA Quadro GV100
型番 EQGV100-32GER
JANコード 4524076070706
価格
  • オープンプライス

対応解像度

サポート解像度 / リフレッシュレート一覧
※下記の数値は最大値であり、ご使用のディスプレイ及びパソコンのOS環境により左右されます。
※搭載メモリ4GB以下の製品では、8K解像度は利用するアプリケーション、コンテンツによってグラフィックスメモリが不足する場合があります。
解像度(Pixel) DisplayPort
7680 × 4320 60Hz(*1) / 120Hz(*2)
5120 × 2880 60Hz
4096 × 2160 60Hz / 120Hz(*3)
3840 × 2160 60Hz / 120Hz(*3)
2560 × 1600 60Hz / 120Hz(*3)
2560 × 1440 144Hz(*3)
2048 × 1536 144Hz(*3)
1920 × 1200 144Hz(*3)
1920 × 1080 144Hz(*3)
1680 × 1050 144Hz(*3)
1600 × 1200 144Hz(*3)
1360 × 768 144Hz(*3)
1440 × 900 144Hz(*3)
1280 × 1024 144Hz(*3)
1280 × 960 144Hz(*3)
1280 × 768 144Hz(*3)
1280 × 720 144Hz(*3)
1152 × 864 144Hz(*3)
1024 × 768 144Hz(*3)
800 × 600 144Hz(*3)
720 × 480 144Hz(*3)
※各解像度においてDisplayPort 30bitカラーに対応。(要対応ディスプレイ)
(*1) 対応モニタにてDisplayPort コネクタを2つ利用して表示可能です。
(*2) 対応モニタにてDisplayPort コネクタを4つ利用して表示可能です。
(*3) リフレッシュレート120Hz/144Hz は対応ディスプレイとの接続時のみ設定可能です。

ディスプレイコネクタ

コネクタ配置
※上記の接続方式と数値は代表的なモニタの解像度と周波数であり、ご利用のディスプレイ、ケーブル、接続仕様により出力解像度が制限されます。
*DVIデジタルシングルリンク出力時の最大解像度。

オプション

NVIDIA Quadro GV100 NVLink Bridge

NVIDIA® Quadro® GV100は、NVIDIA独自のGPU用高速インターコネクト・テクノロジ「NVIDIA NVLink™」による最大2-wayマルチGPUをサポートし、オプションのNVIDIA Quadro GV100 NVLink Bridgeを用いてQuadro® GV100を2台接続することで、GPU間のデータ通信速度を向上させることが可能です。

品番
製品名 NVIDIA Quadro GV100 NVLink Bridge
型番 P3392
JANコード 4524076030175
価格
  • オープンプライス

ダウンロード

NVIDIA PROFESSIONAL SOLUTION GUIDE

ご利用になるアプリがベストなパフォーマンスを発揮するグラフィックスボードを簡単に見つけることができます。
下記画像をクリックするとダウンロードいただけます。(英語版)



詳細はこちらから(別窓が開きます)

カタログダウンロードはこちら

© 2018 NVIDIA Corporation. All Rights Reserved. NVIDIA, NVIDIA logo, Quadro, Quadro logo, NVLink, PhysX, 3D Vision, 3D Vision Surround, and CUDA are registered trademarks and/or trademarks of NVIDIA Corporation in the United States and other countries. Other company and product names may be trademarks of the respective companies with which they are associated.