製品情報

NVIDIA RTX A5500

創造する力

  • 製品概要
  • 仕様
  • 対応解像度
  • ダウンロード

製品概要

NVIDIA RTX™ A5500 グラフィックス カードでデスクトップ PC のパワーを開放しよう。高い処理能力が要求されるマルチアプリケーション ワークフローに必要なパフォーマンス、信頼性、機能を提供します。NVIDIA Ampere アーキテクチャに基づいて構築され、24GBのGPUメモリを搭載したこのカードは、デザイナー、エンジニア、サイエンティスト、アーティストの無限の創造力に必要なものをすべて備えています。

NVIDIA AMPERE アーキテクチャのパワー


  • NVIDIA AmpereアーキテクチャCUDA®コア

    最新の CUDA® コアでグラフィックス ワークフローを加速します。単精度浮動小数点 (FP32) のパフォーマンスが前世代と比較して最大 3 倍になります。


  • 第2世代RTコア

    ハードウェアで加速するモーション ブラーと、前世代に比べ最大 2 倍高速化するレイトレーシングのパフォーマンスにより、レンダリングの視覚的精度が向上します。


  • 第 3 世代 Tensor コア

    AI とデータ サイエンスのモデル トレーニングを強化します。スパースな構造をハードウェアでサポートし、前世代に比べてトレーニング パフォーマンスが最大 12 倍高速化します。

  • ECC 機能付24GB のGPU メモリ

    ECC 機能付きの GDDR6 メモリ 24GB で、仮想での制作からエンジニアリング シミュレーションまで、メモリ負荷の高いワークロードに対処できます。


  • 仮想化対応

    NVIDIA RTX 仮想ワークステーション (vWS) ソフトウェア対応で、個人のワークステーションを複数の高性能仮想ワークステーションに転用できます。


  • 第 3 世代 NVIDIA NVLink

    NVIDIA® NVLink™で複数の GPU にメモリとパフォーマンスを拡張すれば、大規模なデータセット、モデル、シーンを処理できます。


  • PCI Express Gen. 4

    PCIe Gen 4 対応で、データを大量に使用するタスクで CPU メモリからのデータ転送速度が上がります。


  • 電力効率

    電力効率に優れたデュアルスロット デザインを活用できます。電力効率が前世代の 3 倍向上し、さまざまなワークステーションに適合するように作られています。

想像力を瞬時に視覚化

Autodesk Revit の GPU 対応ビューポートが NVIDIA RTX A5500 で強化され、アーキテクチャ モデリングを次のレベルに押し上げます。Revit のプラグインとして使用することで、Enscape でシームレスかつフォトリアルなデザインとビジュアライゼーションを体験できます。またモデルを 3D や VR ですぐに確認できます。NVIDIA RTX A5500 と Enscape AI ツールを組み合わせることで、建築家、デザイナー、エンジニアはリアルタイム レイ トレーシング、ノイズ除去、DLSS のパワーを活用し、見る者を圧倒するフォトリアルなレンダリングを作成できます。

仕様

グラフィックスプロセッサ NVIDIA® RTX™ A5500 グラフィックスプロセッサ
CUDAコアプロセッサ 10,240コア
NVIDIA Tensor コア 320コア
NVIDIA RT コア 80コア
メモリ 24GB GDDR6搭載
メモリインターフェース 384 bit
メモリバンド幅 768 GB/s
バス PCI Express 4.0 x16
対応API OpenGL 4.6 / DirectX 12 Ultimate / DirectX 11~8.1 / NVIDIA CUDA / DirectCompute 5.0 / OpenCL / Vulkan API
認証規格 WHQL / ISO9241 / EU RoHS / JIG / REACH / HF / WEEE / RCM / BSMI / CE / FCC / ICES / KC / cUL, UL / VCCI
最大消費電力 230 W
ディスプレイコネクタ DisplayPort × 4(DisplayPort ver 1.4a対応)
最大画面数 4画面
その他オプションコネクタ

・ 3pin ステレオシャッター用コネクタ ×1

・ PCI Express 8pinタイプ 12V補助電源コネクタ ×1

・ Quadro Sync 2 ボード接続用コネクタ ×1

・ NVLink Bridge コネクタ

その他搭載機能 HDCP 2.2 対応 / NVIDIA High Difinition Audio 機能 / ECC 機能 サポート(既定は Disable)
対応OS

Windows® 11 / Windows® 10 / Windows® Server 2022 / Windows® Server 2019 / Windows® Server 2016 / Linux (64bit)

※ Windows 10はバージョン 1709 以降が必要です。
 ※ NVIDIA RTX Technology をご利用の場合はバージョン 1803(April 2018 Update)以降が必要です。
 ※ DirectX 12 Ultimateはバージョン2004(May 2020 Update)以降が必要です。
※ すべて 64bit OS のみサポート。

外形寸法 266.7mm(幅)× 111.15mm(高さ)× 37mm(厚さ)2スロットサイズ(* ブラケット含まず)
推奨動作環境
CPU Intel® Xeon® / Core® i シリーズ以降のCPU、もしくは
AMD Ryzen™ シリーズ以降のCPU を搭載したシステム
接続バススロット PCI Express 4.0 もしくは3.0 x16 に対応した空きスロット1 つと隣接スロット1 つ
※PCI Express 3.0 x8 以下の環境は非推奨
電源容量 最小:定格出力600W以上の出力が可能な電源ユニット
推奨:定格出力650W以上の出力が可能な電源ユニット
電源コネクタ PCI Express 8pin 電源コネクタ x1
システムメモリ 推奨:24GB 以上(GPU メモリの2 倍以上を推奨)
ストレージ 1.5GB 以上の空き容量(ドライバファイルとその展開用)
インターネット ドライバソフトウェアの入手にインターネット接続環境が必要
ディスプレイ 1024x768以上の解像度が表示可能なディスプレイ
製品内容
  • NVIDIA® RTX™ A5500 グラフィックスボード
  • クイックスタートガイド
  • サポートガイド
  • DP to HDMI変換アダプタ ×1
  • エルザ ジャパン製品保証書
マルチ GPU のスケーラビリティ

NVIDIA NVLink ブリッジ

NVLink をプロフェッショナル アプリケーションに利用すれば、マルチ GPU 構成でメモリとパフォーマンスを簡単に拡張できます。NVIDIA NVLink ブリッジでは、さまざまなシステムに組み込める薄型設計により 2 基の RTX A5500 を接続できます。これにより、最大で毎秒 112 GB (GB/s) の帯域幅と合計 48GB の GDDR6 メモリを利用できるようになり、メモリ負荷の高いワークロードに対処できます。

オプション製品
  • NVLink Bridge 2-Slot (for Ampere)
    (for Ampere) Retail

    ELSA型番:P3412
    JANコード:4524076030311

  • NVIDIA NVLink Bridge 3-Slot
    (for Ampere) Retail

    ELSA型番:P3414
    JANコード:4524076030328

  • NVIDIA Quadro Sync 2(EQSYNC2-OPR)

    型番:EQSYNC2-OPR
    JANコード:4524076070522

保証期間
  • 3年間保証
品番
製品名 NVIDIA RTX A5500
型番 ENQRA5500-24GER
JANコード 4524076071406
価格
  • オープンプライス

対応解像度

サポート解像度 / リフレッシュレート一覧
解像度(Pixel) DisplayPort
7680 × 4320 ◯(*1)
5120 × 2880
4096 × 2160
3840 × 2160
2560 × 1600
2560 × 1440
2048 × 1536
1920 × 1200
1920 × 1080
1680 × 1050
1600 × 1200
1360 × 768
1440 × 900
1280 × 1024
1280 × 960
1280 × 768
1280 × 720
1152 × 864
1024 × 768
800 × 600
720 × 480
※上記の数値は最大値であり、ご使用のディスプレイ及びパソコンのOS 環境により左右されます。
※10bitカラー対応ディスプレイとDisplayPort接続した場合に各解像度において10bitカラー(10億色)までの表示色をサポートします。
(*1) 1系統で表示する場合はDSC対応ディスプレイが必要です。また対応ディスプレイにて2 系統接続による表示も可能です。

ダウンロード

NVIDIA PROFESSIONAL SOLUTION GUIDE

ご利用になるアプリがベストなパフォーマンスを発揮するグラフィックスボードを簡単に見つけることができます。
下記画像をクリックするとダウンロードいただけます。(英語版)



詳細はこちらから(別窓が開きます)

© NVIDIA Corporation. All Rights Reserved. / NVIDIA、NVIDIAのロゴ、3D Play、3D Vision Pro、4-Plus-1、APEX、BattleBox、BFGD、Big Format Gaming Display、CUDA、Dabbler、DALI、DGX Station、DirectStylus、DirectTouch、Game Ready、GameStream、Geared For Gaming、GeForce、GeForce Experience、GeForce GTX、GeForce RTX、GPUDirect、G-SYNC、GRID LINK、GRID VGX、IceClear、ICERA、I AM AI、Iray、Jetson、Jetson AGX Xavier、Kepler、Made To Game、Maximus、Mental Ray、NSIST on NVIDIA、nTersect、NVIDIA 3D Vision、NVIDIA AGX、NVIDIA AutoWorks、NVIDIA BATTERY BOOST、NVIDIA BFGD、NVIDIA Big Format Gaming Display、NVIDIA Business Platform、NVIDIA Clara、NVIDIA DALI、NVIDIA Denver、NVIDIA DesignWorks、NVIDIA DGX、NVIDIA DGX POD、NVIDIA DGX Superpod、NVIDIA DRIVE、NVIDIA DRIVE Autopilot、NVIDIA DRIVE Constellation、NVIDIA DRIVE Hyperion、NVIDIA DRIVE Sim、NVIDIA GameWorks、NVIDIA GPU BOOST、NVIDIA GPU CLOUD、NVIDIA GRID、NVIDIA GRID vGPU、NVIDIA G-SYNC、NVIDIA HGX、NVIDIA Holodeck、NVIDIA IndeX、NVIDIA Isaac、NVIDIA Isaac SDK、NVIDIA Isaac SIM、NVIDIA Jetpack、NVIDIA Kepler、NVIDIA Maglev、NVIDIA Maximus、NVIDIA Maxwell、NVIDIA nForce、NVIDIA OptiX、NVIDIA Orin、NVIDIA PartnerForce、NVIDIA PureAudio、NVIDIA Quadro、NVIDIA RTX、NVIDIA SHIELD、NVIDIA SLI、NVIDIA SLI Ready、NVIDIA Slide Cover、NVIDIA SPOT、NVIDIA Tegra、NVIDIA Turing、nView、NVLink、NVS、NVSwitch、OpenACC、Openautomate、Optimus、OptiX、Pascal、Pegasus、PGI、PGI Visual Fortran、PhysX、Quadro、Quadro Experience、Quadro RTX、RealityServer、SceniX、Shadowplay、SHIELD、SLI、Surround、Tegra、Tegra NOTE、TegraZone、TensorRT、Tesla、The Way It’s Meant to be Played、TWIMTBP、ULMB、vGPU、Vibrante、VisionWorks、VirtualLink、VRLyncおよびXavierは、米国および/または他国のNVIDIA Corporation の商標および/または登録商標です。他の企業および製品名は、それらと関連性のある各企業の商標である可能性があります。