ニュースリリース

エルザ ジャパン、プロフェッショナル向けグラフィックスボード 、NVIDIA® Quadro® M6000 24GBを発表。

本日、株式会社エルザ ジャパン(東京都港区、代表取締役社長:内藤 万義)は、プロフェッショナル向けのグラフィックスボード NVIDIA® Quadro® M6000 24GBを発表致します。


最新MaxwellアーキテクチャGPUに、超高速帯域のGDDR5メモリを24GB搭載、NVIDIA® Quado® M6000 24GBが登場

NVIDIA® Quadro® M6000 24GBは、 NVIDIA® Quadro® M6000のグラフィックスメモリを、倍の容量となる24GB搭載したグラフィックスボードです。グラフィックスメモリを24GBに増やした事により、サーバーやワークステーションで潤沢なフレームバッファを利用する事が可能になりました。これによりサーバーやワークステーションの高負荷時安定動作を実現しました。
また帯域幅384bit、大容量24GBのGDDR5メモリを搭載する事で、大規模で複雑なモデルやシーンの表示だけでなく、より複雑な演算も可能になりました。
さらに4系統のDisplayPort 出力端子を搭載し、製品単体で最大4画面の同時出力が可能な他、DisplayPort 1.2による30ビットカラーでデジタルシネマ4K(60Hzで解像度4096×2160)の超高解像度出力が可能です。

 

 

幅広いニーズに対応する、NVIDIA® Quado®  シリーズ ラインナップ

Quadro_Family_2015_Med_r2_s

 

NVIDIA® Quadro® シリーズはエントリーからウルトラハイエンドレンジまでの豊富な製品ラインナップを通して、革新的なビジュアルソリューションの構築から、高度な医療研究、大規模な技術開発、製造に至るまで、あらゆるプロフェッショナルな現場のニーズに対応致します。

 

NVIDIA® Quadro® M6000 24GBの特徴

nvidia_quadro_m6000_box_card
  • NVIDIA® Quadro® M6000 グラフィックスプロセッサ搭載
  • グラフィックスメモリ 24GB GDDR5 SDRAM 搭載
  • 搭載コネクタ   DVI-I × 1 / DisplayPort × 4
  • デジタルシネマ4K(4096×2160@60Hz)出力に対応
  • GPU Boost 対応
  • 最大消費電力 250W (PCI-Express 8ピン電源コネクタ×1)
  • 3年間長期保証付属

 

製品詳細はこちら
製品画像はこちら( 1 / 2

・2016年4月下旬より順次発売開始予定
・オープン価格

■株式会社 エルザ ジャパンについて
1997年12月26日に設立。2002年07月、テクノロジー・ジョイント社(取締役会長の鉛谷貞治郎が1997年6月に設立)の100%子会社となる。代表取締役社長は内藤 万義。エルザ ジャパンは、プロフェッショナル及びコンシューマ向け3次元グラフィックスボード、ならびにマルチメディア関連製品の販売、サポートのほか、CAD/DCC/VR及びゲーム等を扱う各種ISVベンダーとのリレーション構築を積極的に展開しています。

本文中の各企業名、製品名などは、それぞれの所有者の商標あるいは登録商標です。
仕様は予告無く変更される場合があります。 発売日は変動する場合があります。あらかじめ、ご了承ください。

  • Twitter 公式アカウント
  • Windows 10 対応ドライバは、こちら